美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

街中で見かけるコスメの独立型店舗について

スポンサーリンク

コスメ独立型店舗について

街中でよく見かけるロクシタンやラッシュといったコスメの独立型店舗。一昔前から新規参入する化粧品会社が増え良く見かけると思います。元々は通販会社だったDHCやオルビスなど直営店を出してきたのも目立ってきましたよね。今回はそのど樹立型店舗についてお話していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170715150834j:plain

独立型店舗においてのビジネス

従来の話からするとショッピングセンターに化粧専門店が出店し、粗利益30〜40%で歩率家賃として15〜20%支払っていたと聞きます。しかししっかりとした美容部員を化粧品会社から派遣しない限り採算を取るのは難しいと言われています。化粧品というのも様々ですし、しっかりとした知識がないと売るのは非常に難しい部類でもあります。特に化粧品というのは特別学校で勉強することはなく、大学で化学を専攻していたり、美容専門学校に通っていない限り0からの知識なので独学で勉強していくしかないと思います。余談ですが、もし美容部員や美容に対する知識を付けたいのなら美容薬学検定や日本化粧品検定というものがあるので試しに取得してみるのも面白いと思います。

www.yakugaku.or.jp

www.suhadabijin.club

話は戻って、そんな中、進出したのがロクシタンやラッシュ、通販会社でいえばDHCやオルビスといった所なのですが、これらの会社は直営店で出店し、直営店なので粗利益も高く制限や負担のある化粧品専門店に比べ効率が良いと言われています。ならなぜ全ての会社が直営店として出さないの?と思う方もいるかも知れませんが、恐らくですが昔からの付き合いなどもあり、中々だせないというのもあると思います。だからこそ直営店として出店しているのは比較的新しい会社であるのだと思います。ちなみに直営店の元祖はハウスオブローゼという自社ブランドを開発、販売する化粧品会社です。

f:id:suhadabijinn:20170715162329j:plain

ハウスオブローゼ直営店

※粗利益とは?

商品の販売価格から仕入原価を差し引いたものを言います。

※歩率家賃とは?

例えば歩率が20%の場合で化粧品専門店の月の売上が200万だとした場合

200万(月の売上額)×0.2(歩率)=40万(家賃)になります。

人気直営店について

ロクシタンについて

ロクシタン外資系の会社で1976年に南フランスのプロヴァンスで誕生し、植物素材を使用したハンドクリームやスキンケア商品が有名ですが、それを作り上げたのはオリビエ・ボーさんという当時23歳の青年なんです。その方は、当時古い蒸留器と小型トラック、そして植物に関する豊富な知識しかなかったのですが、持ち前の植物の知識を活用し、蒸留したローズマリーエッセンシャルオイルをフランスのマルシェで販売したのがロクシタンの始まりだと言われています。販売当時からそうですが、商品のカラーや香りが特徴であり、それがロクシタンの特徴ともなっています。また人に使ってもらいたいと思ってもらえるコスメなのでギフトとしても人気ですよね。

f:id:suhadabijinn:20170715155859j:plain

ロクシタン商品 一部

また同じような外資系の会社でラッシュというオリジナルソープや入浴剤を中心に展開している化粧品会社がありますが、これも次々に直営店を出店し人気を博しているています。

f:id:suhadabijinn:20170715160050j:plain

ラッシュ商品 一部

DHC

最近だとDHCが急速に出店数を増やしアトレといったショッピングセンターだけでなく商店街といった所にも店舗を拡大させていっています。また直営店の良いところは実際に商品を試せたりDHC 直属の美容部員から商品の特徴や肌に対するアドバイスといった話が聞けるところにもあります。電話でも出来るのでは?と思う方もいるかも知れませんが、コールセンターのオペレーターはオペレーターであって肌に対する知識や商品知識についてはさほどないと思います。というのも一度、田町にある本社に伺ったことがあるのですが、印象としては受注を取るのが仕事であって肌に対する知識はあまりない印象を受けたからです。勿論コールセンターには美容相談員という部署もありましたが人数にも限りがあり、繋がりにくい印象がありました。私の中で通販会社のデメリットは、まさにここだと思うのですが、直営店を作ることで少しは改善出来たのではないかと思います。直接話ができ、待ち時間も気にすることなくお試しも出来るというのは化粧品を選ぶのに重要なことでもあると思います。DHC以外にもファンケルオルビスといった直営店は今後増えてくるのではないかと思います。

f:id:suhadabijinn:20170715161731j:plain

DHC直営店

f:id:suhadabijinn:20170715161833j:plain

オルビス直営店

f:id:suhadabijinn:20170715161931j:plain

ファンケル直営店

まとめ

今回はコスメの独立型店舗について話していきました。直営店は外資系の会社や通販会社、はたまた韓国系の会社と広がってきています。直営店だから良いことや通販だから良いことなどマチマチなので自分に合った買い方で自分に合った化粧品を見つけるキッカケになればいいなと思います。 


スキンケアランキング