美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

注目美容成分 プロテオグリカンとは?

スポンサーリンク

プロテオグリカンについて

最近美容について調べているとプロテオグリカンという成分が気になっている方が多く、注目の美容成分として紹介されていました。私がこの成分について知ったのは2〜3年前で自社からプロテオグリカンが配合された化粧品が発売されたのがキッカケでした。今回はそんなプロテオグリカンについて、どんな効能があるのか紹介していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170909151718j:plain

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンは人の皮膚や軟骨に存在する成分です。肌への特徴しては保水力に優れているのでハリや弾力、潤いを与えてくれます。この成分は以前から注目されていましたがとても貴重だったため、あまり世間で広まることのなかった成分と言えます。その要因がプロテオグリカンの希少性です。発見された当時は牛や鶏といった動物の特定の部位の軟骨からしか採取出来ず、その為とても高価でした。価格としてはg単価で3000万、kg単価で300億というありえない額でした。しかしその成分がどうして最近になって注目を浴び、化粧品にも配合されるようになったかというとサケの鼻軟骨から効率よく抽出することが発見できたからです。

プロテオグリカンの効能

上記で保水性に優れていると簡単に紹介しましたが、その保水力というのは一般的に知られるヒアルロン酸の1.3倍とも言われています。プロテオグリカンで肌を保水することによって元々皮膚にあるプロテオグリカンを増やす働きが期待でき潤いを維持する為の重要な要素となってきます。またこの成分の一部の働きはよくEGF(上皮細胞成長因子)に似ているとも言われていますが、それが真皮のターンオーバーの促進です。細胞の成長を促進させつつ、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分の生成を促す働きが期待できるので、特に老化が原因による肌の乱れや長期的な美肌の維持を考える人には是非一度試して頂きたい成分とも言えます。

※↓EGF(上皮細胞因子)について知りたい方はこちらからご覧ください↓

www.suhadabijin.club

プロテオグリカンの種類

プロテオグリカンにはコアたんぱくの違いやグリコサミノグリカンの違いによりいくつか種類があります。

アグリカン

プロテオグリカンの中でも代表的なもので動物の体内にあるプロテオグリカンの大半を占めています。主に関節軟骨に存在します。

パールカン

細胞と各組織との結合面、界面を構成する基底膜に存在するものです。

ヴァーシカン

皮膚の真皮に存在します。

まとめ

今回は簡単にではありますが、プロテオグリカンの紹介をしてきました。保湿といってもヒアルロン酸などで保湿したり、細胞を活性化させることによって皮膚から保湿させるなど色々なやり方があります。特に若いうちは気にすることはありませんが年齢によっては心掛けても良いかなと思うこともあります。化粧品選びや保湿方法の選び方の参考にしてもらえれば良いなと思います。 


スキンケアランキング