美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

ナイアシンについて

スポンサーリンク

ナイアシンとは?

ナイアシンは、前回紹介したビタミンC(ビタミンC誘導体)と同様に水溶性のビタミンの一種になります(ビタミンB3)。よく化粧品に配合される成分ですが今回はそんなナイアシンについて紹介していきたいと思います。

www.suhadabijin.club

f:id:suhadabijinn:20170723165638j:plain

ナイアシンの効能

ナイアシンはビタミンB3に当たるものなんですが、肌への効能としてコラーゲンの合成を高め、肌の代謝を活性化させることによってシワを改善し、ハリや潤いを与えてくれます。また肌のターンオーバーを促進させる働きもあります。ナイアシンはビタミンCに比べて刺激が比較的少ないので肌が弱い人にも向いた成分だとも言えます。コラーゲンを増やしてシワやたるみを改善したい。肌にハリを与えたい。肌のターンオーバーを正常にしたい。そういった方にお勧めしたい成分といえます。ちなみに化粧品の成分表示にはナイアシンアミドニコチン酸アミドとも言います)と表記されています。

ナイアシン配合お勧め化粧品 

全成分

有効成分:
ニコチン酸アミドW / グリチルリチン酸2K 

その他の成分:
SK−II(ピテラ)コンセントレート / L−アスコルビン酸 2−グルコシド / ツボクサエキス / 酵母エキス(3) / ヒアルロン酸Na-2 / 濃グリセリン / PCAイソステアリン酸POEグリセリル / BG / ペンチレングリコール / メチルフェニルポリシロキサン / ナイロン末 / キサンタンガム / アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体 / AMP / エデト酸塩 / 香料 / フェノキシエタノール / ベンジルアルコール / パラベン / 安息香酸塩 / 精製水

まとめ

ナイアシンはコラーゲンを増やす代表的な3大成分の一つでもあります。3大成分とはビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンのことを言い、その一つにあたります。比較的刺激が少なくエイジング目的にも有効な成分なので気になる方は配合されている化粧品を一度試してみては如何でしょうか?

 


スキンケアランキング