美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

化粧品・医薬部外品・医薬品ってどう違うの?

スポンサーリンク

f:id:suhadabijinn:20170613132526j:plain

よく化粧品を購入する際に、化粧品だったり医薬部外品(薬用)だったり医薬品だったりその違いに戸惑うことがあると思います。今回はその違いについて紹介していきたいと思います。

目次

目的の違い

上で説明した通り分類的には化粧品・医薬部外品・医薬品と分けられます。まず化粧品は本来人体への作用が穏やかで髪や肌の手入れや保護を目的に使用します。何より安心して使えるのが化粧品でもあります。次に医薬品は治療を目的としたもので誰もが安心して気兼ねなく使えるものではありません。そして医薬部外品は化粧品と医薬品の中間に位置し主に予防を目的として使用されます。

薬用化粧品

よく化粧品コーナーに行くと薬用化粧品というのを見かけたことがあると思います。実はこの薬用化粧品は医薬品ではなく医薬部外品として認められた化粧品のことを言います。

薬用化粧品の効果

普通の化粧品の効果と違い予防効果を期待できます。スキンケアで言うと美白や抗炎症、ニキビ予防など効果が期待でき、例えば化粧品ではうたえなかった「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」といったことを表示することができます。この薬用化粧品つまり医薬部外品は有効成分をアピールできるのがメリットであります。ちなみにもし通常の化粧品で予防やこのような効果をうたった場合薬事法違反になってしまいます。

医薬部外品の審査

上で述べた通り、医薬部外品なら効果や有効成分をアピール出来るのなら全てのものを医薬部外品にすれば良いじゃんと思うかも知れませんがその審査は簡単なものではないんです。通常の化粧品であれば化粧品製造販売業の許可があれば届出を出せば翌日から販売でき、その時の審査はありません。しかし医薬部外品の場合は製品自体の承認と審査が必要になってきます。審査とはこの成分がこのような働きをするというデータを元に書類を提出します。この審査で承認されたものが医薬部外品とし薬用化粧品として販売することが出来ます。言葉で言うと簡単そうに感じられそうですが、この審査がとても大変なんです。有効成分を何%入れてどんな働きがあったかは勿論、安全性はしっかり担保されているか製品自体安定しているかなど膨大な実験データを厚生労働省に提出します。審査が通るまで何年も掛かる場合もあり、またその申請には約100万円掛かります。ここまで大変なものであり、金額も簡単に出せるものではないので企業としては出来ることなら化粧品として世に出したいものです。

医薬品について

化粧品の中でも医薬品は主に錠剤が多いのですがドラッグストアなどによく売っています。この場を借りて一つお勧めしたい医薬品があるのですが、それがトランシーノホワイトCです。これはシミやソバカスが気になる方にお勧めで過剰に分泌されたメラニンの生成を抑え、肌に沈着した黒色メラニンを無色化します。また肌のターンオーバーを促してくれメラニンの排出を促進してくれます。

まとめ

今回は、化粧品、医薬品、医薬部外品の違いについて紹介しました。化粧品は上で説明した通り肌を健やかに保ってくれることを目的とし、誰もが安心して使用できるのが何よりも良いところであります。医薬品は用途によりますがシミなど排出するなど作用が働きます。医薬部外品は予防を目的とし、この化粧品と医薬品の中間に当たるものになります。肌の強さにもよりますが化粧品以外のものを使用する場合は自分の肌に合うものを使用するようにし、もし肌トラブルを起こした場合はいくら効能があるとしても使用を止めるべきです。


スキンケアランキング

このブログはブログランキングに参加しています。もし少しでも良かったと思って頂ければクリックをお願いします。 

少しでもまた読みたいと思ってもらえたら読者登録よろしくお願いします。