美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

化粧品に配合される3本柱の1つ界面活性剤について

スポンサーリンク

界面活性剤とは?

水と油を混ぜ合わせるのに必要なもので化粧品には欠かせない原料です。余談ですが海面とは水と油の境目以外にも存在し、例えば水と空気の境目など何かと何かの間には必ず界面が存在します。界面活性剤はこの界面、境目を無くし分散させるために配合されます。今回はそんな界面活性剤について紹介していきたいと思います。また化粧品に配合される3本柱とは水性成分、油性成分、そして界面活性剤のことを言うのですが、水性成分と油性成分については以前このブログでも紹介しているので良かったらご覧ください。

www.suhadabijin.club

www.suhadabijin.club

f:id:suhadabijinn:20170618223209j:plain

界面活性剤には大きく分けて4つあります

水に溶けやすい部分がどんなイオンを持つかによって使い分けをします。ちなみにイオンとは正または負の電気を帯びた原子のことで、プラスイオンは陽子の数より電子の数が少なく、マイナスイオンはこの逆で陽子の数より電子の数が多いものを言います。

1.アニオン界面活性剤

陰(ー)イオンをもつ界面活性剤で乳化や分散などの作用があり、中でも泡立ちが良いので洗浄剤でよく使われます。例えばこの場合、成分表に石ケン素地や高級脂肪酸Naや高級脂肪酸kと表示されているものは石鹸にあたります。一般的に洗浄力は強い方でありますが保湿剤や油性成分と合わせることでマイルドに仕上げることも可能です。また成分の中には、グルタミン酸タウリングリシンなどアミノ酸を含んでいるものがあり、これに関しては一般的にアミノ酸系洗浄剤と言われています。もし頭皮が弱かったり、抜け毛や薄毛が気になるなどあれば一般的にアミノ酸系のシャンプーは低刺激で洗浄力は弱い方なのでこういったものを使用しても良いかも知れません。

アニオン界面活性剤一覧

石ケン素地、カリ石ケン素地、カリ含有石ケン素地、ステアリン酸K、パルミチン酸K、ラウレス硫酸Na、ココイルグルタミン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、パーム脂肪酸Na、ラウリルグリコール酢酸Naなど

2.カチオン界面活性剤

陽(+)イオンをもつ界面活性剤で帯電防止と殺菌が得意です。よくコンディショナーやトリートメントに配合され、髪の毛に塗布した際はそのマイナスの電気と引き合い付着しやすいのが特長です。上でも言いましたが帯電防止の効果もあるので静電気を防いで髪の毛を指通りの良い滑らかで柔軟な髪の毛に仕上げてくれます。殺菌も得意と言いましたが、通常ヘアケアや石鹸などの洗浄剤にはアニオン界面活性剤を使うのですが、殺菌や消毒目的であればカチオン界面活性剤を主に配合しています。

カチオン界面活性剤一覧

ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、ベンザルコニウムクロリド、ステアリルトリモニウムブロミド、セトリモニウムブロミド、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ベヘナミドプロピルジメチルアミンなど 

3.アンホ界面活性剤

水に溶けたときのpHによってイオンが変化する界面活性剤です。分かりやすく言うと、アルカリ性の性質が出たときはアニオン界面活性剤の性質、酸性の場合はカチオン界面活性剤の性質が出ます。どちらの性質にもなりますが、それぞれの性質に対してやや弱い働きになるのが一つの特長でもあります。なので刺激の少ない化粧品に配合されるのが特長でもあります。例えばシャンプーで言えばベタイン系のシャンプーなど中には聞いたことがある方もいると思いますが、これは代表的なもので刺激は少ないです。

アンホ界面活性剤一覧

コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ココアミンオキシド、水添レシチンなど

4.ノニオン界面活性剤

ノニオン界面活性剤は水に溶けてもイオンにならず、どんなものにも配合できるのが特長です。泡立ちは控えめですが乳化作用が高く、安全性も高いので乳液やクリームといったものの乳化剤として使用されることが多いです。泡立ちが控えめなのでウォータータイプのクレンジングジェルに配合されたりもします。

ノニオン界面活性剤一覧

オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ソルビタン、パルミチン酸ソルビタン、コカミドDEA、ラウラミドDEA、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ステアリン酸グリセリル、カプリル酸グリセリル、ポリソルベート60、PEG-60水添ヒマシ油テトラオレイン酸ソルベス-30、ラウレス-4、ベヘネス-30、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルなど

まとめ

今回は化粧品に配合される3本柱の1つ、その中でも界面活性剤について書いていきました。上で紹介した通り界面活性剤は大きく分けて4つあります。それぞれ様々な効果があり、 使用目的は1つではありません(同じ界面活性剤でも洗浄剤目的で配合されたり、乳化剤目的で配合されたりなど)。ややこしいですが中には相乗効果を目的としていくつかの種類を入れる場合もあります。もちろんアニオン界面活性剤とカチオン界面活性剤はイオンが逆なので相反してしまうので1つの製品にどちらも入っているということはありませんが...。また界面活性剤といっても水と油を混ぜ合わせるといっても、水性成分に近いものもあれば、油性成分に近いものもあります。色々と複雑なものでもありますが、商品を選ぶ際はそれが、どの程度の洗浄力があるのか?アミノ酸系の界面活性剤を使用したい。ベタイン系の界面活性剤を使用したいなど、それを知っているだけでも大きいことなので、今回はそこだけでも知ってもらえればいいなと思います。

記事をまた読みたいと思ってもらえたら読者登録お願いします。

 


スキンケアランキング

このブログはブログランキングに参加しています。記事を読んで良かったと思ってもらえたらクリックしてもらえると有難いです。