美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

シャンプーの正しい方法!髪・頭皮を清潔に保つにはこれが一番!

スポンサーリンク

私は高校生まで、シャンプーの正しい仕方を知らず、いつも爪を立てゴシゴシ洗っていました。なぜそうしていたかと言うと単純に頭皮が気持ち良かったからです。ちなみにろくにドライヤーも使わずにタオルドライのみで自然乾燥でした笑。なので当時の私は天然パーマでよくチリ毛と周りから言われていたのを今でも覚えています。しかし現在は毛髪のことを知り、成分を知り、ドライヤーの当て方を知り今では自然なストレートになっています。今回はそんなシャンプーの仕方について、まだ知らない人たちに向けて紹介していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170622161028j:plain

毛髪の洗い方

まず知って頂きたいのが、頭皮は顔を同じ皮膚ではありますが、顔に比べると皮膚は薄いです。しかし顔に比べると皮膚は強いのが特長です。デリケートになりすぎることはないので第一に自分自身がリラックスできる洗い方を覚えていきましょう。

毛髪を濡らす

まず初めに毛髪をお湯で洗います(髪の長い方や絡まりが気になる方はお湯で濡らす前にブラッシングすると髪がまとまりやすくお勧めです)。ちなみにこの時の温度は39度前後が良いと言われています。この時の洗いで髪の毛の汚れの9割は流れ落ちます。中にはシャンプーはハゲに繋がるだとか良くないだとかで、すすぎだけで済ませる人がいますが、正直に言うと毛髪の汚れは9割りは流れ落ちるので問題ないと思いますが、頭皮の皮脂だったり汚れを落とし切ることは不可能です。なので一見お湯のみで洗った方が抜け毛が少なくハゲないと感じられるかも知れませんが、先のことを考えると頭皮の毛穴を詰まらせ毛髪の発育を悪くし、最悪抜け毛に繋がってしまうので逆効果です。毛髪は毛細血管から栄養を吸収し育ちますが、それと同時に皮膚呼吸で酸素を供給しているということを忘れてはいけません。

シャンプーの手順

シャンプーは直接塗布するのではなく、まずお湯で泡立て後頭部から洗い始めます。ちなみに泡立てが苦手だという方はこういった商品もあるので良かったら合わせてお読みください。ちなみにこの商品はシャンプーも問題なく泡立てることができます。

www.suhadabijin.club

後頭部から洗う理由は頭皮の中で一番ダメージが少ないからです。というのも頭頂部は普段の私生活の中で一番紫外線を浴び、他に比べ傷みやすいのでデリケートに洗ってあげる必要があります。

頭皮のマッサージ

洗いの段階で、頭皮をマッサージすることによって血行を促進し、毛髪の発育にとても良いです。ここからはそんなマッサージの方法について紹介していきたいと思います。

 

  f:id:suhadabijinn:20170622171805j:plain

 別ファイルで作ったので添付します。イメージとしてはこのようにやって頂ければ大丈夫です。

シャンプーで洗い終わったら

洗い終わったら、人によりますがトリートメントをし、洗い流して終了です。尚、髪を乾かす時ですがなるべくタオルドライである程度拭き取ることをお勧めします。というのもドライヤーは熱なのでこれも当てすぎると乾燥毛の原因になるからです。なるべくタオルで挟むようにして水分を拭き取ってからドライヤーをすることをお勧めします。

まとめ

シャンプーの仕方、マッサージの方法について紹介していきました。頭皮もデリケートなところがあり、普段からダメージを受けていること。また毛髪の発育には毛細血管と酸素が関係していることを知って頂ければシャンプーをする意味や方法も変わってくると思います。美髪を発育させるためにも大切なことなので少しでも分かってもらえたら良いなと思います。 

化粧品業界に勤めているからこそ分かることや知っていることを分かりやすく紹介しています^ ^もしまた読みたいと思ってもらえたら読者登録お願いします。


スキンケアランキング

この記事を読んで良いなと思ってもらえたらクリックお願いします。 

プラセンタサプリメント

当ブログ管理人も使っています。

濃縮プラセンタ1カプセル3600mg配合。