美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

化粧品の販売方法 通信販売の動向について 

スポンサーリンク

信販売について

近年通信販売が伸びてきて、どの業界も参入し、今や激戦区と言われています。化粧品業界も同じでファンケルやDHCといった業界が参入したことにより更に厳しくなったと言えます。また過去に遡ると元々化粧品は店頭販売をメインに行ってきて、その販売方法を変えようと試みたのがPOLAでした。当時どのような方法に変えたかと言うと、それは訪問販売でした。それまで訪問販売をする化粧品会社はなく、POLAの販売方法は成功し、今や有名化粧品会社になりました。現在その訪問販売ではなく新しい販売方法として注目されているのが通信販売ですが、どの企業も参入しやすいという点から売り上げを上げていくのは難しいのが現実と言えます。全体を見て化粧品の年間で購入される数量はある程度決まっているので、そこにどれだけ入り込み、シェアを上げていけるかが鍵だと思います。今回はその中でも通信販売についてお話したいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170625195016j:plain

信販売の時代背景

インターネットがここまで普及する前から通信販売は存在し、当時は企業がメインに使用していました。ここまで一般の人に普及し始めたのは、80年代後半に宅配の一般向け配送が発達したのがキッカケなのですが、90年代には千趣会セシール、ニッセンといった大手通信販売会社が参入し、更にその市場を伸ばしてきました。

千趣会とは大阪に拠点を置く大手通信販売会社でニッセンやセシールも同じような企業と思ってもらって大丈夫です。

信販売で売れる化粧品

通販で売れる化粧品は店頭では中々買えないものだったり、何かしらお得感を与えてくれるものだったりします。どのような物かというと、例えば店頭では買いづらい育毛剤や価格設定が安い物、またメーカーの通販サイトで購入したほうがお得な情報やポイントが入るといったものだったりします。中にはユーザーを絞ってそのニーズに合わせた販売方法をしている通信販売会社もあります。それはアンファミエという会社で、ここは看護師、保育士に着目し通信販売事業を拡大してきました。ここでは化粧品以外にもその業界で働く女性に特化したもののみを販売し、それがヒットし人気を得ました。こういったターゲットを絞った販売方法が今後加速していくかも知れませんね。

www.lemoir.com

f:id:suhadabijinn:20170625203006p:plain

アンファミエ一部紹介(マタニティ部門における化粧品)

信販売で参入が容易になった

上でも少し説明した通り、通信販売事業がここまで躍進するまでは店頭販売が主流であり、化粧品業界への参入は障壁が大きかったところがありました。しかし現在は通信販売が普及したことによりその障壁が低くなり化粧品業界への参入企業が増えてきています。従来は百貨店や美容室に卸すか訪問販売をし事業を拡大していくのが基本でありましたが、これは流通経路を拡大していくのは容易ではなく時間も手間もお金も掛かります。新規参入を希望する企業からしたらとても労力のいることですよね。これを通信販売に置き換えて話すと商品を作った後は、個客名簿があればダイレクトメール、もしくは電話をする。またはポスティングをし参入したことを知ってもらい購買意欲に繋げていく。もちろん過去の実績や口コミがない分、購買意欲を高めて買ってもらうのは大変なことではありますが、従来に比べると容易になったと言えます。

フルフィメントの向上

フルフィメントとは受注から決済に至るまでの業務全般(梱包、発送業務や入金管理、在庫管理、物流管理、顧客管理)を代行してくれることを言います。フルフィメントの向上により更に容易にやりやすい環境になったと言えます。またフルフィメント以外にも電話での受注業務、苦情処理といったことをテレマーケティング会社に委託すればコストは掛かりますが更にやりやすく事業を展開していくことができるようになったと言えます。有名な企業で言えばアマゾンがこれに当たると思います。

FBA(フルフィルメント by Amazon)とは | アマゾン

アマゾンのフルフィメントについて詳しく知りたい方は上記のURLから確認できます。

信販売 化粧品売上ランキング 

f:id:suhadabijinn:20170625213627p:plain日本産業流通新聞より

少し見にくいと思いますが参考までに売上高としてはこのようになっています。

 まとめ

今回は化粧品業界における通信販売の動向についてお話しました。参入しやすいということで今後激化していくと思います。もし化粧品に捉われずとも通販におけるネットビジネスを展開を考えている人であればフルフィメントについても知っていて損のない情報だと思います。私自身も化粧品業界に身をおいていますが病気の兼ね合いもあり、製造業務での仕事は脚に負担がかかり辛い面もあるので働き方を考えたいとも思っていました。いずれ独立したいという想いがあったので、その方向で少しずつ動いていこうと思っています。

www.suhadabijin.club

このブログでは今回のように化粧品業界にいるからこそ知っていることや、その動向、おすすめ情報などの紹介をしています。また読みたいと思ってもらえたら読者登録やブックマークの方宜しくお願いします。


スキンケアランキング

記事を読んで良かった人はクリックお願いします。 

アクティブコンディショニング ベーシック

アクティブコンディショニング ベーシック うるおい肌1ヵ月実感キット

記事中にも出てきたファンケルの化粧水、乳液、オイル等がセットになった1ヶ月お試し商品になります。顔のカサつきテカリ、毛穴悩みが気になる方はこの機会に是非お試しください。