美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

ニキビ痕には3種類ある それぞれの治療方法について

スポンサーリンク

ニキビ痕について

ニキビ痕とは、何らかが原因となり皮膚組織が破壊され、それが形として痕に残るもののことを言うのですが、女性からしたら目立ってしまったり、気になったり、お世辞にも綺麗とは言えないですよね?今回は出来てしまったニキビ痕についてお勧めするケア方法について紹介していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170706161934j:plain

ニキビ痕の種類について

ニキビ痕には3種類あり、それぞれ治療やケアの仕方は違ってきます。もし現在ニキビ痕があるのであれば、どれに当てはまるのかしっかり判断し正しいケアをしていくことが大切です。

その1 色素沈着型ニキビ痕

これはニキビが色素として沈着してシミとして残るタイプで、ニキビだった場所が黒ずんでいたりと周りに比べトーンが暗くなっているのが特長です。別名、炎症性色素沈着とも呼ばれます。普通のシミと同じように美白美容液を使用して改善を目指す人もいますが、より良いのは元々は炎症して出来た部分なのでピーリングをすることをお勧めします。また余談ですがニキビが出来たからといって化粧しない方が良いということではありません。色素沈着は紫外線も影響しているので、ニキビ部分だけにコンシーラーを塗り、その上からファンデーションを薄く塗るなどしてカバーしてあげることが大切です。勿論厚塗りは厳禁です。

お勧めアイテム

 ニキビにお勧めなコーンシーラーになります。医薬部外品のものになります。医薬部外品について気になる方はこちらも合わせてご覧ください。www.suhadabijin.club

その2 赤みが残るニキビ

通常の赤ニキビに関しては誰しも経験したことがあると思いますが、これは数年に渡って赤みが消えずに残り続けてしまうニキビのことを言います。治すのに効果的な方法はピーリングでターンオーバーを高めてあげることやビタミンC誘導体を使い、皮脂成分を抑制しつつ奥まで有効成分を届けてあげることが効果的です。またその際のスキンケアについては以前紹介しているので詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

www.suhadabijin.club

お勧めアイテム

ニキビに有効なリン酸型アスコルビルが配合されたものになります。 

その3 クレーター型ニキビ痕

赤ニキビからなることが多いのですが、皮脂細胞が破壊されニキビが出来た場所がクレーター状にニキビ痕として残ってしまうニキビです。一つ伝えておきたいのは陥没してしまった場合は自分で治すのはまず難しいと思います。全国に美容皮膚科という所があるので、そこでサリチル酸ピーリングやフラクショナルレーザーといった治療を受けることが効果的です。陥没したニキビは潰してしまいクレーターとして残るのが一般的ですが、中には皮膚の強さにもよって潰してなくても出来てしまうケースもあります。もし皮脂が異常に分泌され困っているというのであれば、導入型柔軟化粧水やビタミンC誘導体を用いたスキンケアをしつつ、皮膚科で飲み薬をもらうなどしてニキビを抑制していくことをお勧めします。

 まとめ

ニキビ痕には大きく分けて3種類あることについて紹介してきました。特にクレーター状のニキビ痕は気になると思いますし、改善していきたいと思うものであると思いますが、まずはこれから先増やさないケアも同時に行っていくことが大切です。また美容皮膚科など行くのに抵抗がある方も中にはいると思いますが、アドバイスとしては1人で悩むよりまずは専門医に診てもらうことが何より大切で改善に導いてくれます。訪れる人も何かしら気になって病院に訪れているので自分だけだと思わずにまずは一度相談されることをお勧めします。

ニキビ関連の記事

気になるニキビを改善 導入型柔軟化粧水 

ニキビ肌のスキンケア 女優のような肌を目指す

気になる背中ニキビを治す方法 

読者登録お待ちしております。


スキンケアランキング

記事を読んで良かったらクリックお願いします。