美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

若肌をキープしたい人にお勧めする抗酸化作用のある成分 

スポンサーリンク

肌を老化させる活性酸素について

運動したり、紫外線を浴びたりストレスが溜まったりと何らかの動作が伴うと活性酸素は生まれます。活性酸素は細胞を酸化させてしまうのでサビつかせる。つまり老化に繋がります。勿論人の細胞には活性酸素を分解する酵素補酵素があるのですが、これは年齢とともに減少してしまうので、やがて活性酸素を分解仕切れなくなっていまいます。なので若肌をキープしていくのなら活性酸素のことを考えて抗酸化作用のある化粧品を使用してくことが必要になってきます。また活性酸素は体外と体内どちらからもアプローチしていくことが大切です。今回は化粧品の観点から成分の紹介をしていきますが、体内つまり食事の方に関しては以前ブログで紹介しているので良かったらご覧ください。

www.suhadabijin.club

f:id:suhadabijinn:20170707145328j:plain

抗酸化作用のある成分について

先ほども紹介したように、紫外線や運動、ストレスが溜まったりすると活性酸素は蓄積されていきます。如何に分解の手助けをしていけるかが鍵なのですが、ここからはそんな抗酸化作用のある成分について紹介しいきます。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは空気に触れると破壊されやすく肌の奥までは浸透していきません。そこでビタミンC誘導体というものがあるのですが、これは破壊されることなく浸透していき、肌の奥に入ってからビタミンCへと変わっていくので、ビタミンCの効果を得ることが出来ます。またビタミンC誘導体には抗酸化作用の他に美白作用や抗炎症作用、コラーゲンやエラスチンの合成を促し、シワ改善にも適していると言われています。

ナイアシン

代謝を高めてコラーゲンやセラミドの合成を高めてくれます。

カテキン

お茶の成分として有名ですが、抗酸化力は勿論、美白効果や収斂作用、日焼け予防効果など期待できます。

リコピン

トマトに含まれる有名な成分で、強い抗酸化力あります。またメラニンの生成を抑制する働きがあり、美白効果が期待できます。

アスタキサンチン

カニやエビと言った甲殻類や鮭などに含まれる成分で、紫外線から肌を守ってくれます。これも抗酸化力が高く、美白効果やコラーゲンの生成する働きが期待できます。

レスベラトロール

ぶどうの皮などに含まれるポリフェノールの一種で活性酸素を除去し、美白効果やシワ改善に効果があります。

アントシアニン

カテキンと同じフラボノイドの一種で抗酸化力があります。

オウゴンエキス

消炎作用、収斂作用、抗菌作用、抗酸化作用、日焼け予防効果や保湿、美白効果などが期待できます。よく美容液などに配合されています。

油溶性甘草エキス

抗炎症作用があることで古くから用いられていたのですが、化粧品においては強い抗酸化力があるので活性酸素の除去が期待できます。また美白効果があります。

フラーレン

ビタミンCの170倍の抗酸化力があり、活性酸素を分解することによってシミやソバカスの原因であるメラニンの生成を抑制する働きが期待できます。

まとめ 

抗酸化力のある成分について今回まとめていきました。今回紹介しているものはメジャーなものであり、まだまだありますが、ここに載っているものを使用して問題ないと思います。活性酸素を分解するには必要な成分なので化粧品の成分表を見る際には参考にしてもらえればと思います。 

 

お勧めアイテム

上記でも紹介したフラーレンを高濃度に配合しています。シミやソバカスといったものが気になる方やこれ以上増やしたくないと言った人にお勧めです。活性酸素を分解することを考えて私が今まで使用した中で一番良かった物でもあります。もし本当に悩んでいるのであれば一度試してみる価値のある商品です。

もう少しで100人突破です!


スキンケアランキング