美容、化粧品について知り素肌美人を目指す本格ブログ

知っていそうで知らない美容に関することを分かりやすく紹介。化粧品業界にいるからこそ知っている情報を発信中。

MENU

体内からエイジングケア 美肌をキープするには食事も大切

スポンサーリンク

食事からのエイジングケア

綺麗な肌を作り上げていくには食事も大切です。例えば偏ったものばかり食べていると、それはやがて肌にも影響し、下手をしたら栄養が上手くまわってこないなんてこともあるかも知れません。基本バランスの良い食事を摂って行くことが大切なのですが、今回はその中でもエイジングケアを目的とした際、摂取した方が良い食品について紹介していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20170707001420j:plain

抗酸化力のある食品を取り入れる

抗酸化力のあるものを摂る理由は活性酸素を除去することに目的があるからです。活性酸素は紫外線を浴びたり、運動をしたりすることによって体に蓄積されていき、細胞を傷つけたり、シミやシワの原因になってしまうのですが、この抗酸化力というのは年齢とともに衰えてきてしまいます。なので食事やスキンケア等で補っていくことが大切になってきます。

抗酸化力のある食品とは?

抗酸化力のある食品はいくつかあるのですが、ここでは3つに分けて紹介していきたいと思います。

その1 ビタミンA.C.E

ビタミンもいくつか種類があるのですが、特にこの3つが抗酸化力が高いと言われています。ビタミンAはレバーなどに含まれるのですが、小松菜やブロッコリー、にんじんほうれんそうと言った緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは体内に摂取されるとビタミンAに変わります。ビタミンCは当ブログでもよく出てくるワードでもあるのですが、シミなどを抑制する働きとして有名であります。これも抗酸化力が高く果物やれんこん、カリフラワー、キャベツといった淡色野菜に含まれています。次にビタミンEですが油性ビタミンと言われアボカド、かぼちゃ、玄米、大豆、落花生といったものに含まれています。

その2 カロテノイド

天然の色素を持つもののことを指し、これも抗酸化力が高いです。先ほど紹介した緑黄色野菜、にんじん、ほうれん草に含まれるβ-カロテンもこれが含まれます(ルテインという成分)。他にも鮭やカニ、エビといったオレンジの組織を持つものに含まれるアスタキサンチン、トマトで有名なリコピンなどが挙げられます。

その3 ポリフェノール

光合成によって出来る植物の色素や苦み成分のことを良います。特に有名なのがブルーベリーだと思うのですが、これにはアントシアニンというポリフェノールの一種が含まれます。他にも緑茶に含まれるカテキンやタンニン、大豆に含まれる大豆イソフラボン、ごまに含まれるリグナンといったものがあります。

注意 油について

ここまでで、主に抗酸化力のある食材の紹介をしてきました。これらをバランスよく食事に摂り入れることが大切です。またその際なのですが、中には長時間経った油やてんぷらに使った油など勿体無いと言って食材を炒める際に再利用する人がいますが、それは止めておいた方が良いです。というのも一度使用した油は酸化してしまうので活性酸素が溜まっていってしまいます。美肌を意識した食事をするのであれば再利用はお勧めしません。

お勧めしたい野菜の摂り方

野菜と言っても煮たら栄養分が半減したり、かといって生で必要分摂るのは大変という方もいると思うので、ここでは私のお勧めする野菜の摂り方を紹介していきたいと思います。一つ目が温野菜です。先ほど紹介した緑黄色野菜(かぼちゃ、にんじん、ほうれん草など)を加熱し蒸すことで効率よく栄養を摂取することが出来ます。また温野菜なので体を冷やすことなく摂取でき、栄養分が半減することもないのでお勧めです。もう一つがミキサーに掛けて野菜ジュースにすることです。時間がなかったり、食が細かったりするとどうしても必要分摂ることは難しいですよね・・・そこでお勧めしたいのが野菜ジュースにして飲むことです。また野菜ジュースにすることで苦手意識のあった食材も食べるのは難しくても飲むことは出来るといった人も中にはいるので試してみる価値はあると思います。

まとめ

美容は外と内、どちらからもケアしていくことが大切です。必ずしもスキンケアをしていれば綺麗な肌をキープしていける訳ではないので、しっかりとした食事、バランスのとれた食事を意識して取り入れていくことが大切です。特に肌年齢というものは10年後、20年後に大きく出てきます。綺麗な肌を維持していきたいのであれば早めのケアが鍵になってきます。

お勧めしたいレシピ本 

アンチエイジングを目的としたレシピ本です。興味のある方はチェックしてみて下さい。 


スキンケアランキング